ドンゴン(TOO/ティーオーオー)プロフィールや性格は?美声や通訳できる英語の実力を調査!

 

【TOO】とは、韓国のサバイバルオーディション番組「TO BE WORLD KLASS」で選ばれた10人組のグループです。

 

このオーディションは、「TO BE WORLD KLASS」委員会の累績審査3人、ミッションや専門家の累積審査3人、最終的な生放送で4人選ばれるという方式です。

 

【TOO】は、Ten Oriented Orchestraの略で10の東洋の価値観を目指すオーケストラという意味です。

 

9週間にもわたったオーディションを勝ち抜いた【TOO】のメンバーの1人ドンゴンさんに注目していきたいと思います。

 


Sponsored Links



ドンゴン(TOO/ティーオーオー)のプロフィール

 

 

https://www.instagram.com/p/B1FrNOLF2BM/

 

 

本名:ソン・ドンゴン

生年月日:1999年7月15日

血液型:B型

ポディション:ボーカル

最終順位:5位

 

 

 

 

ドンゴン(TOO/ティーオーオー)の経歴

 

https://www.instagram.com/p/CAQzWnEjZ0b/

 

歌が上手いことで評判のドンゴンさんは、ボーカルスクールに通っていました。

 

 

こちらが通っているボーカルスクールの先生です。

 

顔も小さく、歌も上手く、カッコイイことからいろいろな事務所に合格してきたとか。

 

完璧なドンゴンさんならうちの事務所に欲しい!という事務所も多いでしょう(笑)

 

しかし、デビュー出来なかったドンゴンさんは、今回のプログラムに参加。

 

見事5位を獲得してデビューが決定しました!

 

 

 

 


Sponsored Links



ドンゴン(TOO/ティーオーオー)の性格

 

https://www.instagram.com/p/CAAvbrnJiFa/

 

ルックスの良いドンゴンさんですが、性格はどうなんでしょうか?

 

ドンゴンさんの性格は、頭が良くてやさしい性格!

 

そして、愛嬌も最高!

 

 

かわいすぎますよね。

 

こんな姿を見て、メンバーも愛嬌があるという発言をしています。

 

そして、メンバー思いのやさしい性格だとか。

 

ルックスも良くて、性格も良し。完璧です!

 

そして、これは、経歴ではないのですが、ファンの間ではぺ・ジニョンさんにそっくりだという噂が。

 

2人を見比べてみましょう!

 

ぺ・ジニョンさんがこちら!

 

 

そして、ドンゴンさんがこちら。

 

https://twitter.com/hotshot_1020/status/1259482581969461249?s=20

 

確かに雰囲気が似ています。

 

ぺ・ジニョンさんをしゅっとさせたのがドンゴンさん?って感じです(笑)

 

ジニョンさんは、子犬系でドンゴンさんはドーベルマン。

 

どちらにせよ系統はかなり似ています!

 

ドンゴン(TOO/ティーオーオー)の美声

 

https://www.instagram.com/p/B_vqkH5JdsQ/

 

ドンゴンさんは、歌が上手いことで有名です。

 

【TOO】の中でもボーカルを担当するほど。

 

その美声はどれほどなのでしょうか?

 

 

何とも透き通った歌声です。ボーカルトレーニングを行っている人の実力!

 

そして、聞いていると癒されます。

 


Sponsored Links



ドンゴン(TOO/ティーオーオー)の通訳ができる英語の実力を調査!

 

https://www.instagram.com/p/B_KbkVEp5oI/

 

完璧なドンゴンさんですが、英語もできるという噂を発見!

 

その噂を徹底調査します!

 

 

この動画を見て下さい。

 

ドンゴンさんが通訳している姿が見受けられます。

 

英語が話せる理由は分かりませんでしたが、頭も良く、英語ができます。

 

本当に完璧です...。

 

いかがでしょうか。

 

今回は、ドンゴンさんについてご紹介しました。

 

性格もよし、ルックスも良し、頭もよし、歌も歌える。

 

抜け目がありませんね。

 

そんなドンゴンさんがこれからどのような活躍をしていくのか楽しみです♪

 

https://www.instagram.com/p/B_VCefHpOyo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!