川尻蓮(JO1)の出身中学・高校は?プロフィールや性格!兄弟の名前や?彼女の噂を調査!

 

 

日本の吉本興業と韓国のCJ ENMの合併会社LAPON ENTERTAINMENTに所属する【JO1】をご存知でしょうか。

 

オーデション番組「PRODUCE 101 JAPAN」で選ばれた11人のグループです。

 

グループ名には、「PRODUCE 101 JAPAN」で一緒に夢を目指した練習生たちが1つになって世界の頂点を目指していくという意味が込められています。

 

ファンの名前は、JAM(ジャム)です。

 

日本にもゆかりのあるJO1のメンバー。

 

そのメンバーの1人川尻蓮さんに注目したいと思います!

 

ちなみにデビュー曲は無限大!日本人ばかりのユニットとは思えないほど、カッコイイでーーす。

 

 

『La Pa Pa Pam』もいいです!

 

 


Sponsored Links



川尻蓮(JO1)のプロフィール・出身中学・高校は?

 

 

https://www.instagram.com/p/B5SpyyGBBUQ/

 


本名:川尻蓮(かわしりれん)

生年月日:1997年3月2日

血液型:O型

出身地:福岡県

出身中学校:不明

出身高校:不明


 

出身高校や中学校については情報がありませんでした。残念ですねぇ~。

 

しかし、出身地が福岡なので福岡県内の高校・中学校に通っていると思われます!

 

 

川尻蓮(JO1)の経歴

 

 

 

蓮さんは、ダンスの実力が話題!

 

このオーディションの前には、PENTAGONのバックダンサーでした。

 

 

すごい経歴の持ち主!!

 

そして、ダンス教室にも通っていた模様です。

 

ダンスには評価があり、オーディション中には「ツカメ」という曲目でセンターに抜擢!

 

その様子がこちら↓

 

 

センターに選ばれた理由が分かります!

 

キレキレのダンスもそうですが、魅せ方が上手い!

 

魅せ方は1番ではないでしょうか。

 

さすがバックダンサーをやっていただけあります!

 

 

パフォーマンスのまとめです。

 

やはり、ダンスのキレが素晴らしい!

 

魅せ方も上手です。

 

何よりも練習生という感じが一つも感じられません。プロ意識の高さがあります!

 

蓮さんのダンスにはファンも釘付けです。

 

 

ダンスの細かい部分までしっかり踊っているところをファンも気付いています!

 

この細かさがセンターで踊ることになった理由かも!?

 

 

 


Sponsored Links



川尻蓮(JO1)の性格

 

まずは、こちらを見て下さい↓

 

 

動画を見ても分かると思いますが、とてもまじめな性格のようです。

 

そして、ダンスが上手い…。

 

この真面目さがダンスの上手さに繋がっているのかもしれません!

 

最後の部分でもあるようにユーモアもありますね。

 

魅力的な性格の持ち主です。

 

 

川尻蓮(JO1)の兄弟の名前

 

 

View this post on Instagram

#JO1

A post shared by JO1 KAWASHIRI REN 川尻 蓮 (@kawashiriren) on

 

蓮さんには兄弟がいらっしゃることが分かりました。

 

それがこちらです↓

 

 

名前はラオさん。

 

兄弟揃ってダンス教室に通っていた模様。

 

ダンス教室での練習が今のダンスにつながっているのではないでしょうか。

 


Sponsored Links



川尻蓮(JO1)の彼女の噂を調査!

 

 

ダンスが魅力的な蓮さん。

 

彼女の噂が気になりませんか?

 

そこで、彼女について調べてみました。

 

現在、彼女がいるという情報はありませんでした。

 

しかし、オーディションに参加する前は、一般人だったので彼女がいてもおかしくはありませんよね。

 

デビューした今は、いないと思われます。

 

個人のSNSなども公開されていないところをみると、プロとしてプライベートはきちんと守られています。

 

まとめ

 

https://www.instagram.com/p/B4HHz7EhGnn/

 

いかがでしょうか。

 

今回は、川尻蓮さんについて調べました。

 

ダンスにが魅力的な蓮さん。

 

これからの活躍にも目が離せません!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!