MENU

目の充血の原因と症状は?予防対策や治療方法を紹介!

目が充血していると、人に会う時に気になってしまいますね。
反対に目が充血している人に会った時などは、そっちが気になって話が頭に入って来なかったりしたことがある人もいるのではないでしょうか。
目の充血という症状はどんな原因で発生し、どんな対策が有効なのでしょうか。

 

目の充血の原因

目の充血の原因は、二つ考えられます。
一つは目の炎症です。
目にゴミが入ったり、コンタクトレンズの調子が悪かったり、紫外線を長時間浴びていたり、目を強くこすったり、プールの中で目を開けたりといった外部からの刺激は目の充血を引き起こすことがあります。
また、アレルギー性結膜炎や感染性結膜炎、ドライアイ、ブドウ膜炎などの病気も炎症による充血の原因となります。
もう一つは目が疲れた時です。
長時間の目の酷使や寝不足などによって目の充血が起こります。

 

目の充血の仕組み

目の充血は、目の血管が膨らむために起こります。
目の血管は普段はとても細いので外から見える事は少ないのですが、何らかの原因で血管が膨らむことで目が赤く見えるのです。
目の炎症が原因で充血する場合は、アレルギー物質の刺激を結膜が排除しようとする免疫反応の一つとして目の血管が膨らみます。
目の疲れが原因の場合は、目に酸素や栄養をたくさん運ぶために目の血流量を増やそうとして血管が膨らむのです。
他に、お酒を飲んだ時に目が充血することもありますが、これはアルコールに血管を太くして血行を良くする効果があるからです。

 

目の充血の予防対策方法4選

充血の対策は、その原因によって変わります。
目にゴミが入った時やプールに入った時は、目に入った異物を洗い流して清潔にするといいでしょう。
コンタクトレンズを着けていて充血した時は、目薬を差すか眼科で診てもらいましょう。
目の酷使や寝不足で充血した時は、栄養と休養をしっかりとってください。
人に会う用事がある時などは、膨張した血管を元に戻してくれる作用のある塩酸テトラヒドロソリンやナファゾリン塩酸塩という成分の入っている目薬を使うと充血が治まるでしょう。
その他、4つの対策方法をご紹介します。

 

目を清潔に保つ

目に花粉やホコリ、細菌などが入ると目の充血を起こします。
外出先から帰ったら、それらをよく洗い落とすために洗眼薬や水を使って目をよく洗い、目を清潔に保つように心がけましょう。
また、手を清潔に保つ事も必要です。
汚れた手で目をこすってしまうと、ウイルスや細菌に感染する恐れがあるのです。
充血を防ぐには、汚れた手で目を触らないように気を付けなくてはいけません。
他に、ハウスダストやダニ、ペットの毛などのアレルギーの原因となるものをなくすために室内をこまめに掃除する事も目の充血の予防には役立ちます。
室内のばい菌を増やさないように、通気や換気を行うことも有効です。

 

目を酷使しない

目が疲れると、目の充血も起こりやすくなります。
パソコンやスマートフォンの長時間の使用は出来るだけ避けるようにしましょう。
テレビを長時間見続ける事も、充血の原因となります。
これらの行動は、目にかなりの負担を強いる事になりますから、定期的に目を休ませるようにしましょう。

 

栄養をきちんと摂る

様々な目のトラブルは、栄養不足から起こる事も多いのです。
ビタミンやミネラルなどをバランスよく摂るようにしましょう。
足りていないと思う成分があれば、サプリメントを利用することも効果的です。
また、目の充血の予防にはタバコや過度の飲酒、香辛料などの粘膜に強い刺激を与えるようなものの摂取は控えた方がいいでしょう。

 

睡眠を十分にとる

睡眠不足の次の日は、目が充血している場合が多いでしょう。
睡眠不足は目の健康に大きな悪影響を与えます。
早寝早起きを心がけて、規則正しい睡眠をとるように心がけましょう。
寝る前にパソコンやスマートフォンを使用すると、目の健康に悪いだけでなく脳も興奮状態になって睡眠の質が落ちてしまいます。
リラックスして睡眠を取るようにしましょう。

15個の老眼に効くサプリ比較ランキング