MENU

眼精疲労(目の疲れ/疲れ目)の原因と症状は?予防対策や治療方法とは

目を酷使する事の多い現代では、目が疲れる事も多いでしょう。
ですが、通常はこういった目の疲れは一晩眠ると治るものです。
ただ、この状態が長期間続く場合もあります。
それが眼精疲労です。
テレビ、パソコン、スマートフォンなどの普及の高まりに伴って増加している現代病とも言えます。
疲れ目とも言いますが、これにはどうやって対策をすればいいのでしょうか。

 

眼精疲労の症状

眼精疲労は、目を酷使する作業を続ける事によって起こる症状全般を指します。
ですから、その症状は幅広く、
目の痛みや乾き、目が充血するといった目の不快感から、
物がかすんで見えたり、照明を異常に明るく感じたり、視線を動かしたときに焦点が合いにくいといった見え方に現れる症状、
頭痛、肩こり、吐き気といった目以外の体に現れる症状、
さらに不眠やイライラ、抑うつ状態といった精神面に現れる症状もあります。

 

このように、眼精疲労の症状は幅広く、個人の感じ方も様々ですから必ずしも一様ではないのです。

 

眼精疲労の原因

眼精疲労という名前ではありますが、単純に目の疲れだけが原因ではありません。
まず、眼精疲労の原因としてあげられるのが目の病気です。
近視や乱視、老眼などになるとピントを合わせるために目の筋肉が緊張した状態になりますし、物を見る時の姿勢も悪くなりやすいので、目の疲れや肩こりが起こりやすいのです。
ドライアイも眼精疲労の原因になります。その他、風邪やインフルエンザ、精神的ストレスで眼精疲労が起こることもありますし、もちろん、パソコンやスマートフォンなどの長時間利用といった生活環境が原因で眼精疲労が起こることもあります。

 

眼精疲労(目の疲れ/疲れ目)の予防・対策方法

眼精疲労を予防する方法にはどのようなものがあるでしょうか。
いくつか紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

 

まばたきをする

眼精疲労の最も簡単な対策方法は、まばたきをする事です。
まばたきをする事で虹彩の筋肉と毛様体筋のストレッチになりますし、ドライアイの改善にもつながります。
まばたきには目を潤す効果もありますが、他にも虹彩の筋肉と毛様体筋のストレッチになるという効果もあります。
さらに目を閉じている時に眼球を上下左右に動かすと外眼筋もほぐれます。
まぶたを開けたり閉じたりすることで、凝り固まった目の周りの筋肉をほぐし、血行を良くして疲れ目を改善する効果があるのです。
その際、親指を目の前に近付けてピントが合うギリギリの距離に置き、それを見ながら目を強くつぶり、パッと開くというまばたきを10回程度繰り返すとさらに効果的です。

 

ガムを噛む

ガムを噛むと目の血流も良くなります。
そうすると、目の疲れが和らぐのです。
眼精疲労は目の疲れが溜まったものですから、ガムを噛むことは眼精疲労の予防につながります。
その際は、虫歯の予防のためにもシュガーレスのガムをお勧めします。

 

蒸しタオルを使う

蒸しタオルを目に当てることは、目の周辺の血流を良くするので目の疲れを改善します。
ただし、蒸しタオルを使用して目の血流が良くなると血管が細くなり、その状態で目を酷使するとかえって目が疲れてしまう事もあります。
ですから、蒸しタオルを使うのはパソコンなどの作業が終わってからにしましょう。
時間的には夜に行うのがおすすめです。
蒸しタオルは、濡らしたタオルをロールケーキのようにぐるぐる丸めて500wの電子レンジで1分程度加熱すると簡単に出来ます。

 

目が疲れにくい環境にする

パソコンを使う時の環境に留意することで、目の疲れを防ぐことが出来ます。
パソコンは、40〜50cm程度目から離れるようにしましょう。
パソコンのディスプレイに外の光や景色が映ってしまうと視界の邪魔になり、疲れ目の原因になりますから、パソコンの位置を調節しましょう。
パソコンの画面が明る過ぎても目を疲れさせますから、適度な明るさに調節しましょう。

 

目のツボを押す

他にツボ押しなども効果があります。
目に効くツボはいくつかあるので、下記で紹介しています。参考にしてみてください。

 

>老眼の予防対策方法<ツボ・マッサージで効果をUP!>

 

さいごに

以上、眼精疲労や目の疲れの症状の原因や対策方法について紹介しました。
その他にも、目に良い成分を積極的に摂っていくことも良いでしょう。
当サイトでは目に良い成分についても紹介しているので参考にしてみてください。

 

下記では、疲れ目・眼精疲労に良い成分が含まれるサプリ17種類を比較しています。
↓ ↓ ↓
17種類の疲れ目サプリ比較ランキング