MENU

ゼアキサンチンは何故目や視力に良いの?効果・効能

ゼアキサンチンもルティンと同様に野菜に多く含まれている天然色素のカロテノイドの一種です。
このゼアキサンチンも、ルティンと同じように目に良い成分とされています。
ゼアキサンチンにはどのような効果・効能があるのでしょうか。

 

ルティンと似ているゼアキサンチン

ゼアキサンチンは、ルティンとよく似た性質があります。
それもそのはずで、ゼアキサンチンは元々はルティンと同じもので、体内の代謝によってルティンが作り替えられたものがゼアキサンチンなのです。
そのため、構造や働きがとてもよく似ています。

 

ゼアキサンチンの効果

老眼

ゼアキサンチンは、網膜内の黄斑部に存在しています。

黄斑部は瞳の中で最も光が集まりやすい場所であり、視力の要ともなるとても重要な部分なのです。
ゼアキサンチンもルティンと同様に強い抗酸化力を持ち、黄斑を守る働きがあります。
黄斑部にはルティンも存在していますが、このルティンとゼアキサンチンの働きによって私たちの目が紫外線やブルーライトのダメージを受けずに済んでいるのです。
また、黄斑部を守っているゼアキサンチンは、白内障や黄斑変性症の発症を抑えてもくれます。
黄斑変性は、以前は日本人にはあまり見られない症状でしたが、食生活が欧米化すると共に日本人でも患者が増加してきました。
それを防ぐためにも、ゼアキサンチンは不足しないように気を付けたい成分なのです。

 

ゼアキサンチンの一日の摂取目安量は?

ゼアキサンチンの一日の摂取目安量は、1994年のハーバード大学のセッドン博士の研究によると6rが適量であるという結果が出ています。
ゼアキサンチンは、紫外線やパソコン、スマートフォンなどのブルーライトによって黄斑部がダメージを受けるとどんどん減少していきます。
ですから、毎日きちんと補充していかないと、白内障や黄斑変性症などの病気になりやすくなってしまうのです。
目の健康のためにも、食事やサプリメントなどでゼアキサンチンが不足し谷ように摂取しておきましょう。

10個の老眼に効くサプリ比較ランキング

関連ページ

ゼアキサンチンが多く含まれる食品・食べ物とは?レシピも紹介!
近くが見づらい、目がかすむ…老眼でお悩みの方へ。老眼回復予防ラボでは、老眼の症状を改善・予防する方法や、老眼を治す方法、進行を止める方法、老眼の症状を回復する方法などをわかりやすく紹介しています。早めの対策で老眼を防ぎましょう!