MENU

ビルベリー(アントシアニン)は何故目に良いの?効果効能・摂取量

ビルベリーという果物をご存知でしょうか。
近年、このビルベリーが目に良いとして注目を集め、ビルベリーのサプリメントなども発売されています。
ビルベリーの効果・効能についてご説明します。

 

ビルベリー

 

ビルベリー(アントシアニン)の効能

ビルベリーは、ヨーロッパでは生食やジャムに使用されたりとなじみの深い果物ですが、日本ではあまり果物としては流通していません。
ですが、有効成分のアントシアニンが、目に良いと言われるブルーベリーの2倍以上も含まれ、近眼の人が多い日本において、サプリメントとして利用されることが多くなっています。

 

眼

ビルベリーの目に良い効能は、主にアントシアニンが多く含まれている事に由来します。

目が疲れてくると、網膜の中にあるロドプシンという色素の働きが弱まり、見えにくくなります。
アントシアニンには、このロドプシンの再合成を活性化する働きがあるので、眼精疲労に効果的なのです。
また、アントシアニンには強い抗酸化作用があるので、水晶体や毛様体筋の老化による老眼にも効果を発揮するのです。

 

ビルベリー(アントシアニン)の眼病への効果

ビルベリーは眼病にも効果があります。
白内障とは、水晶体が加齢に伴って白く濁り、視力が低下する病気ですが、それは水晶体に含まれるたんぱく質が活性酸素によって酸化される事によって起こるものです。
アントシアニンには活性酸素を抑制する効果があるので、白内障の予防に効果があるのです。
他にも、糖尿病のために目の網膜の毛細血管がもろくなり、視力低下や失明を引き起こす糖尿病網膜症にも効果的です。
アントシアニンには毛細血管を強化する働きもあるため、糖尿病網膜酒を抑えることが出来るのです。

 

ビルベリーエキス・アントシアニンの一日の摂取目安量は?

目に良い効果をもたらすビルベリーですが、一日にどれぐらい摂取すればいいのでしょうか。
目への健康効果が期待できるアントシアニンの量は、およそ43〜90rと言われています。
これは、生のビルベリーなら40〜150gの量になります。
サプリメントならビルベリーエキス120〜250r程度が必要になります。
この摂取量を目安にビルベリーを摂取するようにしましょう。

15個の老眼に効くサプリ比較ランキング